インフルエンザ,流行,型番,A型,B型,C型,特徴,症状,チェック
So-net無料ブログ作成

インフルエンザ流行の型番、A型B型C型の特徴と症状チェック [病気]

インフルエンザ流行の型番について


寒くなるとインフルエンザに感染する人も増えてきます。


 


しかしインフルエンザはどれも同じではなく、流行の型番があるのです。


 


大きく分けてA型、B型、C型の3種類があります。


 


インフルエンザ流行:A型について


A型はとても感染力の強い、鳥の間で感染していたウイルスです。


 


どのシーズンも大流行を引き起こします。


 


感染から発症までは2日から7日ほどかかります。


 


ウイルスの増殖スピードは速く、体内に入ると8時間で100個になり、次の日には100万個にも増えます。


 


症状も強く、感染すると急に38℃以上の高熱が出る他、頭痛、関節痛、筋肉痛、喉の痛み、咳、鼻水などが現れます。


毒性が強いため、3つのタイプの中でも最も体に負担がかかるのです。


症状が治まるまでにはおよそ7日から10日かかります。


 


A型は脳症を起こしやすいので免疫力が低い子供は注意が必要です。


他にも子供が感染した場合、意識障害や異常行動を起こす恐れもあります。


 


同じく免疫力の低い高齢者の場合は、長引いたり肺炎などの合併症が起きたりすることもあるので気を付けましょう。


A型は変異が激しいウイルスのため、パンデミックに繋がることもあります。


 


そのため多くの種類があります。


中でも代表的な「A香港型」は1968年~1969年にかけて香港で広まったウイルスです。


「香港かぜ」」も呼ばれていました。


 


A香港型は比較的致死率は低いものの、感染力が強いという特徴があります。


子供から高齢者まで幅広く感染します。


近年では2014年に大流行しました。


 


「Aソ連型」は1977年~1978年の間にソ連でエピデックを引き起こしました。


当初は年代の若い人に感染することが多く、子供たちの間で広がりましましたが、変異を重ねて幅広い世代に広まるようになりました。


しかし2009年以降、感染することが少なくなったため、現在ではインフルエンザワクチンにも含まれていません。


 


「A亜型(H1N1)」は平成21年にパンデミックを引き起こしました。


新型インフルエンザとして恐れられましたが、世界的に多くの犠牲者を出した「Aスペイン型」よりは毒性も低めでした。


しかし一般の風邪よりも症状は重いので、注意が必要です。


 


A亜型は2009年以降、毎年多くの感染者が出るので近年ではワクチンにも含まれるようになりました。


 


 


つづきはコチラ

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。